ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)の出演者、チケット、駐車場

[更新日]

スポンサーリンク

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)は大阪府大阪市で開催される音楽フェスです。
最新情報はロックロックこんにちは!(大阪城ホール)公式サイトでご確認ください。

更新情報

  • 7/10:ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)終演!
  • 5/29:6/4(土)10:00 一般販売開始!

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)とは

ロックバンド「スピッツ(Spitz)」が主体となって、1997年から毎年大阪、および仙台で開催しているJ-POPイベント。
(仙台でのイベントは現在「ロックのほそ道」というタイトルに変更して開催している。)

出演バンド数は少ないが、若手からベテランまで幅広い人気アーティストが集うのが特徴。

スピッツ主催のイベントは他にも、東京で行われる「新木場サンセット」もある。
東京、東北、大阪で行われるスピッツ主催のイベントの中で、大阪で行われるイベントが「ロックロックこんにちは!」となる。

今年は、大阪城ホールとなんばHatchで開催となった。

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)開催日時

2016年7月9日(土)~7月10日(日)
【開場】15:30
【開演】16:30
【終演】21:30予定

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)開催場所

【会場】大阪城ホール
【住所】大阪府大阪市中央区大阪城3番1号
GoogleMapで会場周辺の地図を確認する

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)出演アーティスト

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)に出演するアーティストを日別で紹介します。

7月9日(土)

  • OKAMOTO’S
  • 奥田民生特別企画アコギブー(手島いさむ、浜崎貴司、YO-KING)
  • Spitz
  • RADWIMPS

7月10日(日)

タイムテーブル

出演アーティストの演奏順と時間割です。
タイムテーブルが公開され次第追加いたします。

公式サイト

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)公式サイトを確認する

公式Twitter

ロックロックこんにちは!の公式Twitterアカウントは「ロックロックこんにちは!@RRkonnichiwa 」です。

チケット情報

チケットの料金、販売状況です。人気のフェスのチケットはすぐにSOLD OUTになりますので、先行期間中などにGETすることをお勧めします。
先行受付終了!
一般発売SOLD OUT!

いいシート ¥11,410(税込)
末広がりシート ¥8,888(税込)
成人式シート ¥6,969(税込)
立ち見 ¥6,969(税込)

アクセス方法

電車の場合

  • 大阪ビジネスパーク駅(地下鉄長堀鶴見緑地線)で下車して徒歩5分です。
  • 大阪城公園駅(JR環状線)で下車して徒歩5分です。
  • 京橋駅(JR、京阪、地下鉄長堀鶴見緑地線)で下車して徒歩15分です。
  • 森ノ宮駅(JR、地下鉄中央線)で下車して徒歩15分です。

会場周辺の駐車場

イベント側で駐車場が用意されている場合は、そちらをご利用ください。
指定さてれいる駐車場がない場合、会場周辺の有料駐車場をご利用ください。
NAVITIMEで周辺の駐車場を検索する

出演アーティスト詳細

ロックロックこんにちは!(大阪城ホール)に出演するアーティストの詳細情報および代表曲の紹介をします。
フェスを見る前情報としてご確認ください。

各アーティストの説明

OKAMOTO’Sとは

2010年にメジャーデビューを果たした4人組ロックバンド。芸術家の岡本太郎を敬愛するゆえ全員が「オカモト」の姓を名乗っている。海外での人気も高く、アメリカやオーストラリアでのツアーも行う。ベースのハマ・オカモトはダウンタウン浜田雅功の息子(長男)。ライブでの定番ソングは「Beek」「恋をしようよ」「まじないの唄」など。

Spitzとは

Spitz(スピッツ)は1987年結成のロックバンド。1991年に「ヒバリのこころ」でメジャーデビュー。大ヒット曲「ロビンソン」や「チェリー」は知らない人がいないほど有名である。草野マサムネの独特な歌詞の表現や、歌声が素晴らしく、様々なアーティストからリスペクトされているバント。ライブでの定番ソングは「8823」「野生のポルカ」「運命の人」「スピカ」など。

RADWIMPSとは

通称「ラッド」でおなじみの4人組ロックバンド。バンド名は「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」という意味をもつ造語。メロコア、ミクスチャーなどにとどまらない音楽的な幅広さが特色。ライブでの定番ソングは「DADA」「君と羊と青」「おしゃかしゃま」「ギミギミック」「ます。」など。

キュウソネコカミとは

関西学院大学時代の友人と結成し神戸、大阪を中心に活動している5人組ロックバンド。身の周りでの愚痴や悪口をコミカルに綴ったユニークな歌詞の世界やエッジが効いた耳に残るサウンドと会場全体を巻き込むパフォーマンスが特色。ライブでの定番ソングは「DQNになりたい、40代で死にたい」「ファントムバイブレーション」「ビビった」など。

Mr.childrenとは

1992年にメジャーデビューしたミスチルの略称で知られる4人組バンド。「innocent world」でオリコン1位を獲得し瞬く間に人気となる。「Tomorrow never knows」と「名もなき詩」はダブルミリオンを達成し、人気を不動のものとした。ライブでの定番ソングは「足音~Be strong」「fanfare」「エソラ」など。

MONGOL800とは

モンパチの略称で知られる沖縄出身のスリーピースバンド。1998年に結成し、2001年に発売されたアルバム「MESSAGE」が大ヒット。インディーズとして初の280万枚以上の売上を記録し、日本のスリーピースバンドとして最高のセールスとなる。ライブでの定番ソングは「あなたに」「小さな恋のうた」「DON’T WORRY BE HAPPY」など。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る